キャラクター

ウルトラマンダイナ TVシリーズ(1997年9月6日〜1998年8月29日)

宇宙でアスカ・カズマを招いたと思われる光が、その息子、アスカ・シンに出会ったため生まれた光の巨人、ウルトラマンである。アスカが自らの光によって変身するため、このウルトラマンもアスカそのもので、2人目の“人間ウルトラマン”といえる。

トリプルチェンジ

トリプルチェンジ

ダイナのタイプチェンジは、胸の前で両腕をクロスするポーズをとるとダイナクリスタルが発光、パワーの配分が変化してミラクルタイプかストロングタイプになるというもので、一度の変身において1回しかできない。しかし、チェンジ後にフラッシュタイプに戻ることは可能である。

フラッシュタイプ

フラッシュタイプ

基本のタイプはフラッシュタイプと呼ばれるもので、ダイナテクターのパワーを生かした光線技の多彩さが特徴的。身体は、シルバーのボディにブルーとレッドのラインとなっている。戦闘スタイルは力強く、ダイナミック。それだけに、マイによって「ダイナミックのダイナ」、ウルトラマンダイナと名付けられた。
身長55m 体重45000t 飛行速度M8

ミラクルタイプ

ミラクルタイプ

シルバーのボディにブルーのラインが映える、青い超能力戦士。身軽で動きが早く、サイキック能力を生かした一撃必殺の超駑級攻撃を行う。考えようによってはまさに最強の戦士だが、スタミナの点で遅れをとることがあり、グライキス戦でまさかの苦戦をしいられた。飛行速度M10

ストロングタイプ

ストロングタイプ

赤い超怪力戦士で、気力も抜群。ややもするとオーバーな怒りの表現を見せるなど、最も素のアスカに近いムードをただよわせることもある。ボディはレッドでシルバーのラインが入り、筋肉質な体格のイメージ通りの荒技、力技で、怪獣を一気に粉砕する。逆転のチャンスをつくることも多い。

ダイナ誕生

光の巨人の最後の戦いが終わり7年、2017年の人類はネオマキシマの力を手に入れ、ネオフロンティア、宇宙の開発時代に突入していた。そんなある日、スーパーGUTSの隊員養成所ZEROの宇宙での模擬戦中に謎の宇宙球体スフィアが襲いかかってくる。そこで訓練生の1人、アスカ・シンは宇宙にほうり出されてしまうも、「死ねるか〜」という強い意思を見せたとき、彼方から迫る光と邂逅する。命をとりとめたアスカはその運を見込まれたのか、スーパーGUTSの一員となった。そんなとき、TPCの火星基地にスフィアの群れが襲いかかってきた。フカミ総監が基地を視察していたまさにそのときを見定めていたかのように。スーパーGUTSはただちに火星へと出撃するも、スフィアの1体が火星の岩と同化、合成獣ダランビアとなって基地に迫る。駆け付けたアスカだったが向こう見ずな攻撃を仕掛けたために被弾、不時着してしまう。しかしアスカはあきらめなかった。機外に出て戦おうというのだ。そこへ、再びあの光が現れ、アスカを包み込むと、まばゆい光と共に巨人があらわれた。光の巨人の再来である。

ダランビアが強化再生したネオダランビアに、ソルジェント光線の一撃。ダイナの戦いは、火星から始まった。

模擬戦の際、始めて会ったアスカに最悪の印象を抱いたリョウだったが、本部基地を守り抜いた今、アスカの無事が、心から嬉しい。

無邪気に助けを待つアスカ。
「アスカはここですう」

page up

もどる